自作とBTOならどっちがいいのか選手権

ハイスペックPCを手に入れるなら自作orBTOパソコン…どっち?

大手メーカー製PCでもハイスペックと呼べるパソコンは腐るほどあります。しかし値段がアホみたいに高いのがネックです。できるだけコストを抑えてハイスペックPCを手に入れる場合は自作…もしくはBTOパソコンを使い手に入れる方がコストを抑えることができます。

ただし、どちらも一長一短があります。つまり自分の合った方法でハイスペックPCを手に入れるようにすることが大切なってくるわけです。ではここから自作、BTOのメリット、デメリットを解説を交えながら筆者が最終的に判断するハイスペックPCを選ぶならどちらが良いのか…?に対しての自分の答えも解説していきます。

自作PCのメリット、デメリット

自作の一番のメリットは予算内で自分の好きなパーツを搭載して組むことができる点ではないでしょうか。間違いなく世の中にあるパソコンの中で最も自由度が高いです。誰も持っていない自分オリジナルのパソコンを作ることができる…これが自作PC一番の醍醐味になります。

逆にデメリットはイチからパーツ、組み立て、OSインストールまでやっていきます。つまり知識や予備知識がないと組み立てるのが難しいこと。そして自分で組み立てるためトラブル、保証に関しては一切が自己責任といった形になります。

BTOパソコンのメリット、デメリット

続いてBTOパソコンです。
メリットはなんといっても自分の使いたい用途に合わせてパーツを特化したコンセプトモデルが多くあります。また自作PCのように多大な知識がなくても比較的簡単にカスタマイズができて自分好みのスペックを持ったパソコンを作ることができる点にメリットがあります。

そして自作と違い、組み立てはBTOショップが行ってくれます。当然ですが保証やトラブル時のサポートなどもサービスとしてあります。なのでもし自分で直せないようなトラブルが起こってもBTOショップの方がサポートしたり修理をしてくれるので安心ができます。

逆にデメリットといった点ではたまにどこのメーカー、どこで作られているのかわからないようなパーツを使っているケースもあることです。自作もBTOも価格に大差はありません。しかしBTOはできるだけ本体価格も安くしようと安いパーツを使っているケースもあるので消耗品関連のパーツに関しては寿命が短いといったケースも存在しています。

結局、ハイスペックPCは自作、BTOのどっちがいいのか?

私は自作もBTOも両方のパソコンを使った経験があります。その上で私の意見を述べさせてもらうと「BTOパソコン」の利用で十分と感じることが多かったです。自作は楽しいですがパソコンの進化は早いです。ついていくとなると本当に大変です。専門的に勉強をしないといけません。あと保証がないのは地味にキツイ部分が多かったです。トラブル原因を追求して改善するまでに丸一日かかるケースもありました。

逆にBTOは自由度こそ自作には勝てませんが豊富なコンセプトモデルが存在しておりカスタマイズも簡単です。何よりサポート、保証がつくのはありがたい。そして取り扱いのある BTOパソコンの多くは最新世代のパーツを搭載させており本体を買えば常に最新パーツで数年は大活躍できるパソコンが手に入ります。

ハイスペックPCが必要な人は限られているケースが多いでしょう。例えばユーチューバーとか、PCゲームをやりたい人、クリエイターなどがハイスペックPCを使う人です。このような方にとってBTOはなくてはならない存在になること間違いありません。もし良いパソコンを安く手に入れたいと思っている人はぜひBTOショップを覗いてみてください。

BTOでおすすめ、人気のパソコン

結論はBTOパソコンの方が私は自作よりも良いと思っています。そしてBTOも汎用性のみに絞った格安モデルからクリエイター、ビジネス向けなどのハイスペックPCも揃っています。特に私がBTOでパソコンを購入しようと思っているなら勧めたいのがゲーミングPCがおすすめと友人たちにも言っています。

BTOのゲーム用パソコンはそのメーカーの総合的なランキングでも上位に入っていたり価格.comのデスクトップランキングなどでも上位に食い込むなどメーカー製PCを抑えて人気がうなぎ登りになっています。

トップへ戻る

ゲームの話

Copyright © 自作とBTOならどっちがいいのか選手権 All rights reserved